トップ > ズバッと解決!風俗経営お悩み相談所 > 女の子の求人でブログやツイッター使うのはアリですか?

ズバッと解決!風俗経営お悩み相談所

ズバッと解決!風俗経営お悩み相談所

悩める貴方の疑問に対して、あくまで“風俗的観点”からではなく“経営学的視点”にてしっかりご回答するこのコーナー。今回寄せられたお悩みとは…?

本日のお悩み

回答者:佐藤フランク

女の子の求人でブログやツイッター使うのはアリですか?もし、アリなら見てもらえる、問い合わせを増やせる書き方を教えてください

千葉県でデリヘルを経営する36歳のオーナーさん

回答

どうもどうも。お久しぶりです。 佐藤フランクです。今回も引き続き、女性の求人についてのご相談ですね。

■無料なんだから色々と試してみる

ブログやツイッターなどネット上の無料サービスを活用して求人を行えば、費用対効果も高く、上手くやれば、これほど効率の良いモノはないですよね。ただし、無料でできるとはいえ、どうせやるならしっかり効果を上げないと、時間の無駄ってことになってしまいますからね、注意が必要ですね。

しかし、以前、このコーナーでツイッターやブログを使った集客アップ術について回答した時にも述べたのですが、ブログやツイッターは書けばすぐに効果が出るものではありません。

継続して続けることが大切なのですが、じゃあ、効果も上がらないままに続ければいいのかっていっても、それも答えはNO。ブログであれば、アクセス解析ができますから、どれぐらいの人が読んでいるのかを確認しながら、少しずつ内容を変えていくことが大切です。
一言で、どんな言葉を使えば求人がアップするか、その答えをすぐに導き出すのは難しいです。しかし、基本的姿勢を守りながら、あれこれ試してみれば、かならずコツがつかめるはずです。

■ブログでは細かなエピソードを重ねる

じゃあ、どんな姿勢で臨むか。まず、ブログやツイッターを使う目的を考えてみてください。他の求人広告やサイトと違った活用法を考えないともったいないですからね。 大きな違いは、更新の度合です。有料の求人広告やサイトは更新をするのが難しいけれども、無料であるブログやツイッターはこまめに更新ができますよね。
頻繁に更新がされる=活気のあるお店、面倒くさがりではない、気遣いのできるマメなスタッフや店長がいて、働きやすそう、という印象を与えることができます

ブログに書くべき内容ですが、店発ではなく、あくまで店長やスタッフ個人が発信しているスタイルで、書いている人の人間性が伝わるようなエピソードを中心に書くことが大切です。

「今日、女の子に悩みを相談されました」
「新人の女の子にこんなアドバイスをしました」

など、はじめて業界入りする子でも、仕事の様子やお店の様子がわかるような、しかも「楽しい」「安心できる」ようなエピソードを重ねます。

■ツイッターとブログの連動

ツイッターは140という限定された文字数でしか表現できないので、例えば、ブログで具体的に書いたお悩み相談や仕事の様子、稼げる様子などの詳細ページへリンクを張る、見出し的な使い方をすると良いでしょう。

この見出しは、キャッチコピーと同様に「初めて風俗で働くコの悩みを聞いてあげちゃいました」的なカンジで概要を書いて、ブログのURLをコピペする。とにかくツイッターをガンガン書いてアップしながら、仕事の不安を解消できる内容を詳細に記したブログに繋げていくのが良いんじゃないでしょうか。

まあ、ぶっちゃけ、色々と試してみてください。なにせ、無料なんですから!

自分という人間を素直に発信することで
相手の信頼と親しみを勝ち取ることができる

今回の回答者
風俗情報専門WEB編集長 佐藤フランク(仮名) 風俗情報専門WEB編集長 佐藤フランク(仮名)
大手編集プロダクション在籍中に風俗専門誌の編集に携わる。その後、フリーランスとして独立し人妻デリヘル専門のWEBを立ち上げ、伝説の人となる。大の人妻好き。

風俗経営コンサルタント 葛飾ぽんず(仮名)
風俗経営コンサルタント
葛飾ぽんず(仮名)
元・風俗店オーナー 茂呂見栄 新作(仮名)
元・風俗店オーナー
茂呂見栄 新作(仮名)
経営アドバイザー ゆうこ女史
経営アドバイザー
ゆうこ女史
届出確認書(届出書)の取り方
1ヶ月1万円!簡単にできる風俗店のホームページ